BEAUTY TOPICS
美容トピックス

2018.6.4 |

日焼けしやすい人、日焼けしにくい人の違い

最近どんどん熱くなり紫外線が気になる季節になってきました。

日焼けに関する声の中で「日焼けをするとすぐに黒くなる」や「日焼けしても赤くなってすぐ元の色に戻る」

といった声をよく聞きます。

 

この日焼けしやすい人と日焼けしにくい人の違い。

それは主に肌の内部にあるメラニン量の差にあります。

メラニンとは紫外線から肌を守ってくれる役割をもつ成分です。(ただターンオーバーとして排出されない場合、

シミの原因にはなりますが・・・)

日焼けしやすい人は適度なメラニンをもち、紫外線をカットし、細胞ダメージや活性酸素を防ぎます。

そのため美しい肌を保ちやすいといわれています。(ただ過剰に紫外線を浴びる過ぎると光老化を促進するので、注意をしましょう。)

 

日焼けしにくい人はメラニンがうまく生成されず、紫外線によりDNA細胞が傷ついたり、

活性酸素が発生しやすい状態。

そのため光老化(乾燥、シワ、シミ等)が起こりやすいとされています。

日焼けしにくい人の美肌は徹底した紫外線予防がカギとなるのです。

 

カテゴリー

最新の記事

アーカイブ