BEAUTY TOPICS
美容トピックス

2018.6.15 |

意外と知らない紫外線のこと②

今回は前回に引き続き紫外線と美肌の関係についてご紹介します。

 

 

そもそも紫外線って何?

 

紫外線とは太陽から放たれる目では見えない光こと。

紫外線はUV-A、UV-B、UV-Cに分けられます。ただUV-Cは大気層で吸収されるので、地表に届くのは

UV-AとUV-Bとなります。

 

 

紫外線が与える肌への影響

 

肌にさまざまな影響を与える紫外線ですが、なんとシミや

シワ、たるみなどの肌トラブルの約8割の原因は紫外線にあります。

紫外線をいかに防ぐかによって、これからの未来の肌が変わってくるとも

言えます。

 

 

 

UV-A(紫外線A波)とUV-B(紫外線B波)って⁉

 

地表に届く紫外線はUV-AとUV-Bの2種類。

この2種類の紫外線は肌に与える影響もそれぞれ異なります。

 

 

UV-A

紫外線A波とも言われ、地表に届く紫外線の約9割を占めています。

波長が長いため真皮層まで届き、ハリや弾力をつくるコラーゲンやエラスチンを破壊

するため、シワやたるみの原因に。

UV-Aはガラスも透過するので、屋内や車内にいても注意が必要です。

 

 

UV-B

 

紫外線B波とも言われ、主にシミの原因をつくります。

日焼けして肌がヒリヒリと真っ赤になるのはUV-Bの

炎症によるものです。

波長が短いものの細胞のDNAを傷つけメラノサイトを活発

にさせるため、シミの原因であるメラニンを増やしてしまうのです。

 

 

 

 

これから夏に向けて紫外線はますます強くなります。

外出時だけでなく、屋内であっても紫外線(UV-A)は入り込んできます。

入念な紫外線対策で健やかで美しい肌をキープしていきましょう。

 

 

カテゴリー

最新の記事

アーカイブ