BEAUTY TOPICS
美容トピックス

2018.12.20 |

これってあってる?冷え性対策!

今回は前回に引き続き、低体温(冷え)についての内容をご紹介します。

 

冷え性だということに気づき、体を温めるためにやっていた日々の行い。

それ、実はその知識間違っていませんか?。

今回は冷え性対策でよく質問いただく内容をQ&A形式でまとめてみました。

 

Q1 ぬるめのお湯に長時間浸かる全身浴は体を温めるのに効果はありますか?

A. 冷えを感じている人には肩まで浸かる入浴法がオススメ。半身浴より全身浴の方が水圧がかかり心臓に戻る血流が増え、

結果全身をめぐる血流が増えるのです。温度は長時間浸かっても苦しくならない38℃~40℃くらいに設定しましょう。

 

Q2 寝るときは靴下を履くべき?

履かない方がいいとう考えも最近多く聞きますが、どちらがよいでしょうか?

A. これは人それぞれ異なります。

靴下を履いて寝ると汗をかく人には勧めません。汗をかくことでより「冷え」を招いてしまうからです。

ただ寝るとき足が冷えて靴下を履かないと寝つきが良くない人は履くべき。

冷えを感じる程度は人それぞれ異なるので、自分に合った対策をしていきましょう。

 

Q3 平熱が35℃台ですが、「冷え」ている感覚はありません。

これでも冷え性になりますか?

A. 冷えているのに「冷え」の自覚がないのは「隠れ冷え性」かも!?

もしかしたら体温調節機能がおかしくなっている可能性もあります。

「冷え」の感覚がなくても体を温めることで、心地よさを感じ体が楽になるのが実感できるかと思います。

 

 

カテゴリー

最新の記事

アーカイブ